【AYAKAができるまで②】スポーツを始めたきっかけ

コンディショニングコーチのAYAKAです。

「明日の自分をもっと軽く」をコンセプトに、レッスンやプライベートセッション、セミナーを開催し、エクササイズ動画などを配信しています。

前回の記事

の続きを書いていきます。

 

スポーツを始めたきっかけは内弁慶な性格を直したかったから

私は小さい頃、恥ずかしがり屋でなかなか前に出ていけない性格でした。
小学校の授業でも、「ハイ!」と手をあげるのなんてとんでもない!
先生に指名されて答える時も、緊張して声が震えるような子でした。

そんな私を見て「もっと自分から輪に入っていけるような子になってほしい」と母が、ミニバスケットボールのクラブチームに連れて行ってくれたのがスポーツを始めたきっかけです。


そこからはどっぷりとバスケにハマり、毎日スカートを履いて教室の隅で折り紙を折っていたような子が、ズボンに変わり、休み時間はドッチボールやバレーをする子になりました。

そのまま当たり前のように中学校でもバスケ部に所属。
高校はこの監督のもとでバスケがしたいという思いで決め、休みも年に数回しかないような学校で、部長としてチームをまとめるようなことも任せてもらえました。

フィットネスに携わり始めたきっかけは、単なる間違いから

高校での部活動を引退し、さて進路どうしよう・・・と考えた時に、やはり私の頭の中は「バスケ」しかありませんでした。

授業そっちのけで部活しかしてこなかったので、大学に進学するにはいっぱい勉強しないといけない。

「え、でも私は勉強じゃなくてバスケがしたいんだけど?」

と自分の学力の無さを棚に上げて、先生に相談したところ、バスケのプロ選手を目指す専門学校を提案してもらいました。
私はプロになれるようなレベルではなかったけれど、この学校に行けばバスケに携わる仕事ができる。

すぐにオープンキャンパスに行き、ここにしようと決めました。

しかし願書を書いていざ提出!という時に、事件が発生したのです。

にゅうがくじょうけん:だんせいのみ

ニュウガクジョウケン:ダンセイノミ

入学条件:男性のみ

( ゚д゚) ナンデスト!!

そう。バスケットボールカレッジは、男性のみの募集だったのです。

この時です。
誰かに言われるがまま進むのではなく、自分の目で自分の足で事実確認をしないといけないと学んだのは。

「さて、どうしようか・・・。
今更、大学に行くために受験勉強したくない・・・。
おっ!!同じ専門学校でも他のカレッジがあるらしい。
ん?スポーツトレーナーカレッジ?
なになに、スポーツチームや選手に携われるだと?
ここに入れば将来バスケに関わった仕事につける!
ここに決めた!!」

的な感じで、スポーツトレーナーカレッジに入学したのでした。

 

次は、いよいよフィットネスに携わり始めます。

 

 

【この記事をシェアする】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です